お客様との約束

◆エータ・カリーナなら大阪の新築一戸建、リフォーム済マンションが仲介手数料「無料」で買えます。
(エリアはどこでも対応可です)

◆お客様が望む連絡方法、ペース、価値観でお住まい探しができます。
ご安心下さい。しつこい営業一切ありません。

◆お客様ひとり一人にあったファイナンスをご提案いたします。

◆メリットもデメリットも正確にお話します。

◆お引渡し後も、お客様が「不動産について困らないようにフォローし続けていくこと」を信念に活動しております。

仲介手数料をサービスしても不動産業者の仲介責任は何ら変わりません!

弊社エータ・カリーナは、大阪の新築一戸建、リフォーム済マンション仲介手数料「無料」で購入できる仲介サービスを提供しております。

 

仲介手数料を無料にしてるからといって、「安かろう」はよくても、「悪かろう」と思われてはいけませんので、不動産業者が負う責任についてお話します。

 

(たまに勘違いするお客様がいらっしゃいますので・・・・・)

 

結論から先に申し上げますと、タイトルにある通り、仲介手数料を満額頂戴しようが、無料にしようが、重要事項説明をしなくてはいけませんし、契約書に記名押印しなくてはいけません。

その時点で宅地建物取引業者としての当該取引の責任は発生します。責任の重さは、頂戴する手数料の多寡で決まるわけではありません。

 

契約にあたり、どんな責任が不動産業者に生じるか宅地建物取引業法を簡単に見てみましょう。

◯我々不動産業者は、取引の相手方に対し、契約が成立するまでの間に、宅地建物取引士をして、取引に係る重要事項について、書面(いわゆる重要事項説明書)を交付して説明させなければなりません。(宅地建物取引業法第35条第1項)

◯その説明にあたっては、取引士は、説明の相手方に対し、取引士証を提示しなければならない。(宅地建物取引業法第35条第4項)

◯重要事項を記した書面(重要事項説明書)の交付にあたっては、取引士の記名押印が必要となる。(宅地建物取引業法第35条第5項)

 

契約する前に、その物件の重要なことは、資格者が資格証を提示して、お客様にきちんと説明しなければなりませんよってことです。

これが宅地建物取引業法のアンコの部分です。説明責任ですね。

 

宅地建物取引業法というのは、ひとことで乱暴に言ってしまうと、私たち宅建業者に対する「縛り」です。

定義では、「宅地建物取引業の健全な発達を促進し、もつて購入者等の利益の保護と宅地及び建物の流通の円滑化とを図ることを目的とする」とされていますが、

要するに、「お前らプロの業者は、不動産の「情報の非対称性」を悪用したりして、一般顧客に悪さをするな!きちんと調査して、重要なことは契約する前に説明しろ!」ってことです。

 

売買契約書に対しても以下のような規定があります。

◯宅建業者は、売買、交換又は賃借の契約が成立したときは、取引の当事者に対し、代金又は借賃の額、その支払方法など契約書の内容のうち主要な事項を記載した書面(37条書面)を遅滞なく交付しなければならない。(宅地建物取引業法第37条第1項、第2項)

注意:契約書と37条書面は、厳密に言えば違うのですが、契約書の交付をもって37条書面の交付とすることが認められているので、ここでは契約書のことだと思っていただいていいです。

◯宅建業者は、この書面を作成したときは、取引士をして、当該書面に記名押印させなければならない。(宅地建物取引業法第37条第3項)

 

契約したなら、きちんと契約書を渡しなさいよ、資格者の記名押印付きで!ってことですね。

 

ちなみに宅地建物取引業法はこちらで閲覧できます。

→「宅地建物取引業法」

 

どこにも、「媒介報酬を受け取らなければ、法第35条、第37条の規定は適用しない」なんて書いてありませんよね(笑)。

 

私は、結構長年この業界で生きてきているので、この法の恐ろしさを十二分にわかっているつもりです。

仲介手数料が多かろうが少なかろうが、物件価格が高かろうが安かろうが、我々宅建業者の責任は一切変わりはありません。

 

仲介手数料無料で新築戸建が買えるからといって、何も恐れることはありません。

(^^)どしどしお問い合わせください。

 

重要事項説明のチェックポイントはこちら

 

最後に、重要事項説明書、契約書、宅地建物取引士証がどんな  ものか記名押印部分だけあげておきます。

宅地建物取引士証

 

重要事項説明書

 

売買契約書

 

◆エータ・カリーナなら
大阪の新築一戸建・リフォーム済マンションが仲介手数料「無料」で買えます◆

大阪府知事(1)第59437号
株式会社エータ・カリーナ
大阪府大阪市生野区中川西3-9-9-3F
TEL:06-6796-7081 FAX:06-6796-7082
HP:https://www.etacarinae.co.jp/
MAIL: メールはこちらから
blog:https://blog.etacarinae.co.jp/
facebook:https://www.facebook.com/etacarinae1208/
twitter:https://twitter.com/Eta_Carinae1208

LINE@でエータ・カリーナに話しかけてみて下さい♪
物件の仲介手数料が無料で取引できるかどうか、すぐにお答えいたします。

友だち追加

Broker’s commission is free
by Eta Carinae Co,.Ltd.

ABOUTこの記事をかいた人

カネシロ トモヒロと申します。 1978年大阪市生まれ育ち。20歳で何のあてもなく単身で上京、24歳から不動産業に就く。不動産売買のイロハは東京で覚えました。 33歳で帰阪。帰阪してからもずっと不動産です。 いつの間にか契約件数300件超えました。 2016年12月、本当に顧客利益を考えた最高の不動産仲介サービスを提供するべく㈱エータ・カリーナを設立。 私自身も東京と大阪で2回マイホームを購入しています。 趣味は読書、自分を戒めるために年に1回フルマラソンに挑戦しています。 夢はお客様たちと団体枠チーム「エータ・カリーナ」を作って大阪マラソンに挑戦することです。 特技は「住宅ローン」と「フリースローラインあたりからのミドルシュート」。